保証人紹介ビジネスとは?

保証人紹介ビジネスとは、保証人を必要としている人が業者に料金を払って保証人を紹介してもらい、業者は保証人に対して一定の報酬を払い、その差額が利益になるビジネスのことです。
アパート・マンションの賃貸契約をはじめ、ローンを組むとき、就職時などにも保証人が必要になるケースはあります。通常は家族や親戚などがなりますが、身寄りがなくて保証人が用意できないという人も増えています。そういった需要に対応したのが保証人紹介ビジネスといえます。


しかし、インターネットを通じて保証人紹介業者に登録したが、「保証人が紹介されない」、「保証人としての資格がない人を紹介された」、「退会を希望したらキャンセル料を請求された」などのトラブルが増加しています。
また、保証人紹介業者に保証人として登録すると、名義登録料がもらえますが、これは大変危険な行為です。「万が一主債務者が借金を返せなくなったら、残った借金は業者が全額負担する」というような約束をする場合が多いですが、払ってくれないケースも多いようです。そうなった場合、法律上はあくまで保証人が払う義務があるので、「業者が払ってくれると約束した」などと言っても借金から逃れることはできません。
このように、保証人紹介ビジネスは大変危険です。特に保証人として登録するのは絶対にやめるべきです。保証人がいないために賃貸契約ができない場合などは、自治体の行政窓口に相談してみましょう。

コメントは受け付けていません。