印鑑証明が必要な理由

実印は、住民登録をしている市区町村役場に登録申請をして受理された印鑑のことです。不動産や車の売買、公正証書の作成、遺産相続、法人の発起人になるときなどに使われます。これらの取り引きの際には、書類に押印した印鑑が間違いなく本人のものであるかを確かめるために、印鑑証明書の提出を求められます。
印鑑証明書を取得するには、印鑑登録をしたときに交付された「印鑑登録証」を持って市区町村役場で手続きを行います。このとき、登録印鑑は必要ありません。この証明書には、登録印鑑の印影、登録番号、登録年月日、氏名、出生日、男女の別、住所などが記載されます。


契約を交わす際には信用が大事ですが、この証明書があれば信頼できる第三者である地方公共団体が、本人の印鑑の正当性を保証したことになります。そのため、契約の際に、印鑑証明書が求められるというわけです。
印鑑登録ができる印鑑は、大きさが一辺8mmから25mmの正方形に収まるもので、形の制限がありません。ゴム印や印影が不鮮明なもの、ローマ字や氏名以外の事項を付記したもの、住民基本台帳に記録されている氏、名、氏と名以外の芸名などは認められません。印鑑登録は重要なものですので、大量生産されたものではない、偽造されにくい印鑑を登録するようにし、登録後は取扱いに注意しましょう。

コメントは受け付けていません。