連帯保証人とは

例えば、マンションを借りるため、書類を記入する際、連帯保証人の記載欄を見掛けると思います。このようなマンションの賃貸や金融機関などから融資を受ける際には、保証人を用意するのが一般的です。そして、この名称を見て、「連帯」が付く場合とそうでない場合の違いが気になった人も多いでしょう。実際、この両者は似ているようでいて、大きな違いがあります。


まず、連帯が付こうと、付くまいと、保証人が債務者や契約者が、返済不能や家賃不払いに陥った場合に、債権者から返済を求められる点は同じです。
ただし、前者には、2つの権利があります。1つは「催告の抗弁権」です。つまり、返済を求められた場合に「債務者からの取り立てを優先してほしい」と依頼することができるのです。2つ目は、「債務者の財産を優先的に取り立ててほしい」と依頼できる「検索の抗弁権」です。
そして、「連帯」が付くや否や、上述の2つの権利は認められなくなります。つまり、返済を求められたら、応じなければならいのです。この点を踏まえ、友人などから、保証人になることを依頼された場合には、連帯が付くのか、付かないのか、事前によく確認しておく必要があるのです。さらに、後者の場合であれば、かなり信頼できる相手であっても、慎重に対処する必要があるでしょう。

コメントは受け付けていません。