親族が不適切な場合や、親族で立てられない場合

賃貸住宅の契約では、通常、連帯保証人が必要ですが、親族に頼めないような場合には、家賃保証会社を利用することで契約することができます。これは、借り主がこの会社に一定の保証料を払うことで、賃料を保証してもらう仕組みです。最近では、利用できる物件も増えていますので、連帯保証人を立てられないことが分かっている場合には、不動産会社にあらかじめ伝えて、それを前提に物件探しをするとよいでしょう。


家賃保証会社利用の手続きは、入居申し込みと並行して行われるケースが多く、通常、契約期間は賃貸契約と同じ期間に設定されます。保証料は、家賃の何%などと決められています。この会社を利用することで、連帯保証人を依頼する煩わしさなく賃貸契約をすることが出来て、手続きがスムーズになります。ただし、賃料の保険ではないため、トラブルが続くと契約の更新ができなかったり、契約の解除を請求されることもありますので、注意が必要です。
この会社に申し込む場合には、本人確認書類や支払い根拠を示す書類が必要です。固定収入がない場合でも、必要書類を提出すれば申し込めることもあります。個々の保証会社によって条件が異なり、物件によっても変わってきますので、よく確認しておきましょう。

コメントは受け付けていません。