辞退したい場合はどうすればいいの?

賃貸住宅などを借りる場面では、殆どの物件において保証人を用意することが求められることになります。保証人の多くは連帯保証人となる場合もあり、万が一、家賃の滞納などが発生してしまったならば、借り主に代わって家賃を支払う義務が生じることになります。他の契約に関しても同じように連帯保証人を用意することが必要とされている内容がありますが、連帯保証人承諾書にサインをした方は、契約者と同じ条件によって、契約を結ぶことと同じ内容を持っているために、注意が必要とされています。信頼できる人物に限って保証人になるということは社会的にも常識化されている部分がありますが、人によっては後に辞退をすることを希望される方も存在しています。この点に関しては諸説あり、事例なども存在している状況ですが、基本としては誓約書通りに解除できない旨が記載されているならば、辞退することは難しい傾向にあります。


しかし、話し合いによって異なる手段で合意解除を行うことも不可能ではない状態もあり、このケースでは例えば賃貸契約の場合では、他の連帯保証人を用意することによって、合意解除に応じてもらうことが可能とされていたり、一旦契約解除を行って、新しく契約し直す方法も用意されています。

コメントは受け付けていません。